中国の反応 | 今なら何の作品がヒットする?

日本のサブカルチャー(サブカル)は、世界中の若者やファンの間でも人気があり特にアニメやマンガは象徴的な存在です。
中国検索大手の百度が開設した掲示板サイト「百度貼吧」から、「今なら何がヒットするか」との投稿から中国の人たちの反応をご紹介します。

翻訳元:https://tieba.baidu.com/p/8506522707

中国の反応

1.中国人(スレ主)
今なら何の作品がヒットすると思う?
1、ノミネート:「スピリットサークル」
※「スピリットサークル」は、水上悟志による日本の漫画作品。

2.中国人
>>1

3.中国人
>>1
お気に入りではないが、一番おすすめ。

4.中国人(スレ主)
2、「NHKにようこそ!」
※「NHKにようこそ!」は、滝本竜彦による日本の小説。2004年に大岩ケンヂの作画で漫画化され、2006年にはアニメ化された。

5.中国人
>>4
これはマジでそう。

6.中国人
>>4
神作、間違いない。

7.中国人
>>4

nhkはマジで神。牧野由依を知るきっかけになったアニメ。
※牧野由依は、日本の声優、女優、歌手、ピアニスト。 

8.中国人
>>4
神中の神。脱オタ神作。ただ、岬ちゃんのような女の子は無理だ。

9.中国人
>>4
テーマが限定的だから、あまり人気がでない可能性が高い。

10.中国人
入間の百合は「安達としまむら」しか読んだことがないし、悪くはないけど、入間の書くBoy&Girlの方が好きだな。
※「安達としまむら」は入間人間による日本のライトノベル作品。百合とは女性同士の恋愛を含めた濃密な関係性を題材とした創作ジャンルのこと。 

11.中国人
>>10
入間は既に百合作家。(複雑な心境)

12.中国人
>>10

以前は、彼がなんとなく執筆しているのだと思っていたけど、今もまだ作品を執筆していているとは驚き。

13.中国人(スレ主)
「舞-HiME」
※『舞-HiME』は、サンライズが中心となって展開している、テレビアニメ、漫画、ラジオ番組、ドラマCDなどからなるメディアミックス作品である。私立風華学園を舞台に生徒達の友情と恋愛、戦いを描く。

14.中国人
>>13
これは確実にヒットする。

15.中国人
>>14 
当時は大ヒットした。

16.中国人
>>13

私をオタクにした作品。

17.中国人
>>13

あの頃はとても熱かった。

18.中国人
日常系は昔はそれほどでもなかった。

19.中国人
>>18

日常系は今はヒットしないだろう。電波系はまだ敷居が高い。

20.中国人
>>18

そうだね、「らき☆すた」は好きなんだけど、2話くらいで見るのをやめちゃった。

21.中国人
>>19

日常系は、あまり強くないシーズンに当たるのであれば、まだヒットの可能性は十分にある。特に、断片的な演技はショート動画の時代に極めて適しているし、昨年は「リコリス・リコイル」が切り抜きに適した名シーンをいくつも出してた。
※「リコリス・リコイル」は、A-1 Pictures制作による日本のアニメ作品。アサウラ原案、足立慎吾シリーズ構成・監督によるオリジナル作品である。

22.中国人
「あいまいみー」。
とはいえ、今の電波系作品は本当に需要があるのか?
もし今「STEINS;GATE」が放送されたら、最初の20話のうち8割はつまらないと言うだろう。
結局、大勢の「STEINS;GATE」ファンが完結まで追っかけたが、他のファンは時間を遡るタイムリープは見ていて面白くないと感じた。 テンポが遅すぎて日常的だった。神作とは言えない。
※「あいまいみー」は、ちょぼらうにょぽみによる日本の4コマのギャグ漫画作品。(2013年に短編アニメ化)「STEINS;GATE」は、5pb.より発売された日本のアドベンチャーゲーム。(2011年にアニメ化)

23.中国人
>>22

「あいまいみー」が実際にノミネートされたことに驚いた。これは珍しい。この作風は、「弱酸性ミリオンアーサー」でしか見たことないが、やはり作風の幅が広いように感じる。
※「弱酸性ミリオンアーサー」は、ちょぼらうにょぽみによる4コマ漫画作品である。

24.中国人
>>22

タイムリープ系も、「STEINS;GATE」や「魔法少女まどか☆マギカ」などの作品が大衆の感覚に刷り込まれることで、広まっていきました。もし「STEINS;GATE」を現在に放送するなら、タイムリープのストーリーテリングは今にありがちなつまらない脚本になるとは限りません。もちろん、前シリーズの20話は、現在のシリーズを補完する素晴らしいエピソードになるだろうと思いますが。
※「魔法少女まどか☆マギカ」は、シャフト制作による日本のアニメ作品。

25.中国人
>>22

「STEINS;GATE」は必ずしもそうでない。ゲームファンを積み重ねてから新たなファンを引き寄せる方式であり、現在でも十分に成功する可能性があると思う。

26.中国人
>>22
少なくともタイムリープものの代表作だ。

27 中国人
熱血で頭を使わない神作画の作品はより大ヒットしやすい。日本が得意とする熱血頭を使わない系作品が一番良い。その方が失敗が少ない。

28 中国人
 「BLEACH」を現在の時代に放送し、更新することで、当時よりもさらに大ヒットする可能性があります。ショート動画が主流となり、人気キャラクターと美しい画面が重要視される時代において、「BLEACH」は非常に適応力が高いと言えます。「ナルト」や「ONE PIECE」よりも高い人気を得る可能性があります。
※「BLEACH」は、久保帯人による日本の漫画作品。(2004年にアニメ化)、「NARUTO -ナルト-」は、岸本斉史による日本の漫画作品。(2002年にアニメ化)、「ONE PIECE」は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。(1999年にアニメ化)

29 中国人
>>28

それな。

30中国人
>>28

同意。オタクでなかった当時に死火海三大人気漫画(「BLEACH」、「ナルト」、「ONE PIECE」)でどれかを選べと言われたら、断然かっこよさが溢れる「BLEACH」を選ぶ。

31 中国人
>>28

ショート動画をみる人は長いアニメを見る可能性が低い。

32 中国人
「ルルーシュ」、中華連邦がもうすぐ爆発する。
※「コードギアス 反逆のルルーシュ」は、サンライズ制作の日本のSFロボットアニメ作品。中華連邦は同作に登場する架空の連合国家である。

コメント