中国の反応 | 集団主義を核とする日本の漫画は?

集団主義とは、個人や国家よりも社会集団に対して価値を置く思想、あるいは傾向を指す用語です。対義語は個人主義であり、個人主義や集団主義という用語が最初に用いられたのは18-19世紀のイギリスの政治思想の世界とされました。
中国検索大手の百度が開設した掲示板サイト「百度貼吧」から、「集団主義を核とする漫画は?」と題する投稿から中国の人たちの反応をご紹介します。

翻訳元:https://tieba.baidu.com/p/8513411736

中国の反応

1.中国人(スレ主)
集団主義を核とする日本の漫画は?
きっかけは私がMAD作品を作ろうと企画し、人類史に残る宇宙飛行士の偉業を讃えるBGMをテーマにしようとしたことだ

「好奇心」「団結力」「人定勝天」(人間の力は自然に打ち勝つ)、この3つが人を感動させる宇宙飛行士の精神の核と考えている。
これまでに見てきたアニメを見るとこの3つのうち1つに当てはまるものはほとんどなく、2つ、3つ当てはまるものもない。集団主義に応えるアニメは本当にないのだろうか。
※MADムービーとは、既存の音声・ゲーム・画像・動画・アニメーションなどを個人が編集・合成し、再構成したもの。単に「MAD」と呼ばれることも多い。

2.中国人(スレ主)
現在の代案:ノゲノラ0
主人公の目的は神を消すことであり、機凱種(エクスマキナ)の行動原理も完全に集団主義と一致している。
しかし、映画全体は「心」の尊さを讃え、人間の意思を強調することに重点を置いている。
※「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」とは、榎宮祐によるライトノベル「ノーゲーム・ノーライフ」の外伝であり劇場映画作品。機凱種(エクスマキナ)は同作に登場する種族。

3.中国人
王立宇宙軍、宇宙がテーマ。
まだ見たことがないためイデオロギー的な部分はわかりませんが、画は確かに集団主義的で先見の明があり、宇宙へのロマンがほとばしっています。
※「王立宇宙軍 オネアミスの翼」は、ガイナックス制作のSFアニメ映画。1987年に劇場公開された。

4.中国人
ガンダム逆襲のシャア
※「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」は、1988年に劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。監督は富野由悠季。

5.中国人
よく考えたことなかったが、日本の漫画にBGMって本当にあるのか?

6.中国人
鋼の錬金術師
※「鋼の錬金術師」は、荒川弘による日本の漫画作品。

7.中国人
日本の漫画にそれを求めてはいけない。
現代の人気作品のほとんどは個人主義的なもの。
その種の作品を見つけたいのであれば映画や小説を当る必要がある。また前世紀の作品でなければならない。

8.中国人
天元突破、バック・アロウ
※「天元突破グレンラガン」は、ガイナックス・アニプレックス・コナミデジタルエンタテインメント製作の日本のロボットアニメ作品。「バック・アロウ」は、スタジオヴォルン制作による日本のテレビアニメ作品。

9.中国人
シドニアの騎士の一期と二期のBGMはかなり合ってる。
※「シドニアの騎士」は、弐瓶勉による日本の漫画作品。2014年にアニメ化。

10.中国人
ガンバスター
※「トップをねらえ!」は、1988年から1989年にかけて、ガイナックスにより製作・販売されたSFロボットアニメ。ガンバスターは同作に登場するロボットの名称。

11.中国人
ナルトはカウントされる?
※「NARUTO -ナルト-」は、岸本斉史による日本の漫画作品。

12.中国人
宇宙戦艦ヤマト。2119しか見たことないけど、かなり合っている気がする。
※「宇宙戦艦ヤマト」は、1974年に放送されたSFアニメおよび、1977年に劇場公開された総集編のアニメ映画。「宇宙戦艦ヤマト2119」は同作のリメイク版。

13.中国人
日本文化の集団主義をたどると、おそらく第二次世界大戦までさかのぼるだろう……

14.中国人
……ロボット大戦のBGMを探しにいってみませんか?
※「スーパーロボット大戦シリーズ」は、バンダイナムコエンターテインメントが販売している、家庭用コンピュータゲーム機での展開を主軸とするゲームシリーズ。

15.中国人
70年代から90年代を掘り起こしてみないとわからないかも。新世紀の作品ではこのテーマは合わない。

16.中国人
ドラゴンボールZのエンディングはカウントされる?結局、元気玉は全人類の集結に頼っている。
※「ドラゴンボールZ」は、鳥山明の漫画「ラゴンボール」を原作とするテレビアニメ。

17.中国人
もし歴史の流れを止めることができない個人の無力さを指しているのであれば、それはまだある。犠牲と献身を強調し、国民が歴史を作るというものであれば、それは少ない。

18.中国人
シドニアの騎士

19.中国人
集団主義は基本的に存在しないし、国内でもあまり良く見られていない。スレ主の掲げる3つでさえ、基本的に集団の意思であって主義ではない。

20.中国人
未来への咆哮はどうだろうか。多かれ少なかれあるはず。
※「未来への咆哮」(あすへのほうこう)は日本の歌手ユニットJAM Projectによる歌。同曲は18禁PCゲーム「マブラヴ オルタネイティヴ」の主題歌。

21.中国人
バック・アロウはすべて合致している。

22.中国人
メイドインアビス、音楽はどれも壮大だ。
※「メイドインアビス」は、つくしあきひとによる日本のファンタジー漫画。2017年にアニメ化。

23.中国人
壮大な音楽がお望みなら、日本の漫画がたくさんあるよ。

24.中国人
シドニアの騎士たちが母船に帰還するシーンはおすすめ。プラネテスもいくつかある。宇宙兄弟に焦点を当ててもいいし、あれは宇宙というカテゴリーでは最高のアニメだ。団結力を求めるなら、進撃の巨人の調査兵団の戦いもある。エヴァの要塞都市やヤシマ作戦も。ドラゴンボールの元気玉もカウントできる。私は宇宙兄弟を強く推したい。
※「プラネテス」は、幸村誠による日本の漫画。2003年にアニメ化。「宇宙兄弟」は、小山宙哉による日本の漫画。2012年にアニメ化。「進撃の巨人」は、諫山創による日本の漫画作品。2013年にアニメ化。「新世紀エヴァンゲリオン」は、GAINAX制作による日本のアニメ作品。1995年から1996年にかけて放映。

25.中国人(スレ主)
>>24
ありがとう!

¥825 (2023/08/06 00:26時点 | Amazon調べ)

コメント