中国の反応 | 映画「ゴジラ-1.0」予告編

世界的に知られている日本映画『ゴジラ』、その生誕70周年記念作品である『ゴジラ-1.0』の特報とティザービジュアルが2023年7月12日に公開されました。2023年11月3日に劇場公開予定となる本作品は、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』、『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』などを手がけた山崎貴氏が監督・脚本・VFXを担当しています。
中国検索大手の百度が開設した掲示板サイト「百度貼吧」から、映画『ゴジラ-1.0』の特報に関する投稿について中国の人たちの反応をご紹介します。

翻訳元:https://tieba.baidu.com/p/8500469541?pn=1

中国の反応

1.中国人(スレ主)
映画「ゴジラ-1.0」の予告編が公開されました。舞台は戦後の日本です。

2.中国人
ゴジラの正統な映画はやはり山崎貴監督。VFXの品質は心配する必要ない。ただし、山崎貴監督のいくつかの作品は脚本の面ではあまり良くないと言われている。特に「ドラゴンクエストV」のアニメ映画の改変は、古いファンをかなり失望させた。

3.中国人
>>
「鎌倉ものがたり」のレベルに達することができれば勝利
※「鎌倉ものがたり」は西岸良平氏の漫画作品であり、同作を山崎貴監督が「DESTINY 鎌倉ものがたり」として実写映画化している。

4.中国人
>>2
ドラえもん」もですね。

5.中国人(スレ主)
戦後の日本は、史上最も絶望的な状況に直面し、襲撃を受けます。 誰が立ち向かうのか?どのように立ち向かうのか?そして日本はどのように対峙するのか? 戦後、既に「0」となってしまった日本を追い詰めるかのように現れるゴジラによって、この国は負(マイナス)の深淵に突き落とされるでしょう…

6.中国人
>>5
マッカーサーと天皇、そして原子トカゲとの壮絶な戦いだね。

7.中国人
1枚目の画像のゴジラは、レジェンダリー・ピクチャーズからモデリングを借りたのですか?首の形状がすごく似ていますね。
※レジェンダリー・ピクチャーズはアメリカの映画会社。、東宝と提携してゴジラやキングコングなどを登場させる怪獣映画シリーズ『モンスターバース』を製作している。

8.中国人
>>7
西武園のGはレジェンダリーとは関係ありません。

9.中国人
>>8
西部園のは一部レジェンダリーと関係してる。

10.中国人(スレ主)
実際にこれは西武園のイメージや宣伝映像を正式化したものなので、なぜだか非常に懐かしい感じがするわけですね。
※西武園ゆうえんちのアトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」は山崎貴監督が手がけている

11.中国人
深夜に発表されてるんだけど、日本人は寝ないのか?

12.中国人
>>11
時差があるのかも。

13.中国人(スレ主)
>>12
いや、日本時間では深夜の4時で、多くの日本のネットユーザーたちは深夜の発表について眠れなくなると嘆いています。

14.中国人
どう言えばいいのか、この映画は扱いづらいな。少し右に寄ると国内の人たちが批判するし、少し左に寄ると外から批判される

15.中国人
>>14
black sun(仮面ライダー)みたいな感じかな。

16.中国人
>>14
少し右に寄ると世界中が批判、少し左に寄ると日本国内で批判されるって本当?

17.中国人
>>14
中国では公開されない可能性が高い、字幕組がボイコットするのか?
※字幕組とは、映像作品に翻訳の字幕を付けてネットにアップするなどのファンサブ活動を行っている人たちのこと。

18.中国人
>>14
国内で配信されるか様子見しましょう。私は字幕組を待ちます。

19.中国人
戦後。。。う~~~~ん、どうなるか見てみよう。

20.中国人
シンちゃんと同じく、本質的には初代作品のリブートですか?(この時代設定で脚本家は良くないものを入れないでほしいな)

21.中国人
この時代……うっかりすると反敗戦映画になってしまうかもしれない。

22.中国人
「戦後、日本はすべてを失った」 この文章は読んでいくうちにますます奇妙に思うが、この文章が単なる説明文であって被害者意識や魂の喚起などに関与しないことを願う。

23.中国人
この監督は少し危険だね、かなりの可能性で反敗戦の作品を作るだろう。

24.中国人
国内で上映されるのか?

25.中国人
リブートだけで後は何もない、ということにならないよう祈ろう。シンGからもう7年も経った。

コメント